老眼かもしれない!気になる症状とは【うまくピントが合わなくなる】

水晶体が硬くなる生理現象

視力検査

年齢と共に目の力が弱くなり、ピントが合わず文字が読みづらくなる症状を老眼と呼びます。この症状は病気でなく、加齢による生理的な現象と言うのですから、誰もがなるものと覚悟すべきです。一度老眼にかかってしまうと、治ることはありません。

詳しく見る

老化と一緒で進行する

男性

近眼でも関係ない

顔を近づけたり遠ざけたり、うまくピントが合わなくなるのが老眼という現象です。眼の中には水晶体があって、厚みを変えることでピントを合わせていますが、その際、毛様体筋という筋肉が働いています。年を重ねれば、筋肉が衰えるのと同じく毛様体筋も衰え、働いていない状態では遠くに、働いていれば近くにピントが合っています。近眼の人は老眼にならないという口コミがありますが、決してそうではありません。老化現象は止められるものではなく、近眼の人は、元々近くが見えるので自覚しづらいだけなのです。遠視の人のほうが遠くにピントが合いやすく、老眼の自覚も早い傾向にあります。症状としては、新聞や雑誌を見る時、30cmほど離した位置で見るようになった声は非常に多いようです。パソコンやスマホなどを長時間見続けると、文字がかすんでくる、こうした症状は若年層からも聞かれています。現代版となるスマホ老眼とよばれる現象で、調節緊張しているだけであることはあまり知られていません。また、頭痛や肩こり、吐き気などの症状に見舞われるなど、健康にまで難が生じている方も少なくありません。老眼が原因で眼精疲労、ドライアイなど二次的に症状が出る場合、早めに眼科に相談しましょう。無理してピントを合わせていると、眉間にシワも寄りやすく、美容面での難も口コミされています。症状を止められなくとも、単焦点や遠近両用などの老眼鏡、あるいはコンタクトで軽くすることは可能です。進行するので、その都度、眼科やメガネ店で作り直していく必要があります。合わない老眼鏡のままでは、頭痛がしたり、余計眼に負担をかけたりする可能性がありますから、かかりつけの眼科を探しておくのも対策ではないでしょうか。

眼精疲労が気になりだした

夫婦

加齢とともに老眼は誰でもいつかはくる老化現象です。しかし、加齢とともに身体も衰えてくるので、その症状は老眼ではなく目の成人病の可能性もあります。ストレスなく生活するためには早めに眼科医に相談し、良い方法を探すことです。

詳しく見る

眼科で視力検査を受ける

中年女性

老眼の症状が見られるようになると、眼精疲労や体の不調の原因になるため、早めに眼科のクリニックを受診して検査を受けることが大事です。細かい文字が見づらい場合は、老眼鏡を使用したり、遠近両用の眼鏡やコンタクトレンズを使用したりするのもお勧めです。

詳しく見る

実行に移しましょう

目

老眼の症状の改善のためには、紫外線をカットしたり、サプリメントや目に合う老眼鏡を使用したりするなど色々な方法があります。そしてそれらの中から自分の場合に適した方法を選ぶには、同じような症状を持った人達の口コミを読んでみると良いでしょう。

詳しく見る

放置しないことが大切です

女性

老眼を放置すると、吐き気などの辛い症状が出たり遠近両用のメガネに慣れにくくなったりするので早めに気づくことが大切です。また、老眼鏡を作るには口コミを読んだりして良い医師やメガネ店を選び、自分の目に本当に合ったメガネを作ることをお勧めします。

詳しく見る

Copyright© 2018 老眼かもしれない!気になる症状とは【うまくピントが合わなくなる】 All Rights Reserved.