老眼かもしれない!気になる症状とは【うまくピントが合わなくなる】

水晶体が硬くなる生理現象

視力検査

加齢の症状の1つ

ある朝普通に読めていた新聞の文字が、ハッキリ見えなくなったと感じた時は危険信号かも知れません。ただの疲れ目と言うことも考えらますが、老眼症状の始まりと考える方が良さそうです。近くにある文字が読みづらくなったことで、視点を合わせるために顔を文字から遠ざけたり、近づけたりしてピントを合わせるようになり、文字を以前より遠くに離すことで読みやすくなるのが老眼です。人の目はカメラのレンズと同じ働きをしています。普段は、遠くの物をみたり、近くの物を見る時には、自動的に焦点を合わせる力をもっています。老眼の症状が進むことで自動的にピントを合わせる力がなくなり、遠くの物がハッキリ見えない目は近眼と言われ、遠くの物がハッキリ見えなくなった人の目を老眼と呼んでいます。老眼お症状に関しては、年齢と共に目の中にある水晶体が硬くなることで働きが悪くなり、ピントを合わせる役目をする水晶体の厚さを変えることが出来なくなってしまうのです。近くを見る時のピント調整が上手く行かなくなることが、老眼の症状が出ていると言うことになります。この老眼は、病気ではありません。人が年齢を重ねることで、症状が出て来ることになり、生理現象と考えるものとなります。年齢を重ねても、目を酷使することで、老眼になる傾向が早くなると考えて良いでしょう。パソコンやスマートフォンを使う時間が長ければ長いほど、悪い環境にあることになり、老眼への道は早くなります。そしてこの老眼は、治ることがないため、目を矯正するためにメガネをかけることになるのです。

Copyright© 2018 老眼かもしれない!気になる症状とは【うまくピントが合わなくなる】 All Rights Reserved.