老眼かもしれない!気になる症状とは【うまくピントが合わなくなる】

眼科で視力検査を受ける

中年女性

眼鏡やコンタクトを使う

加齢と共に水晶体の柔軟性が下がってきたり、ピントを調節する筋肉の低下などが原因で老眼の症状が見られるようになります。老眼の症状では、遠くはよく見えるのに近くの文字や物が見えにくくなります。雑誌や新聞を少し離すと、文字が読みやすくなったり、薄暗い場所では見えにくくなったりすることもあります。老眼の症状が出ているのに、無理に裸眼で見ようとすると眼精疲労がひどくなったり、頭痛や肩こり、首の痛みなどの体の不調の原因になります。気になる症状が出てきたら、早めに眼科のクリニックを受診して検査を受けて下さい。老眼鏡を使用するのに抵抗を感じている人も多いですが、細かい文字を読む時に使用することで、ストレスを緩和する効果があります。現代はデザイン性に優れた商品が豊富に揃っているので、安心して購入できます。老眼は症状が進んでくるため、定期的に視力検査を受けて、眼鏡が合わなくなったら作り替えることが大事です。遠近両用の眼鏡やコンタクトレンズなども販売されているので、眼科で処方箋を作ってもらうのもお勧めです。老眼は目の老化現象のひとつなので、40代以降の年齢になると、近視の人にも見られるようになります。ルテインやアントシアニン、アスタキサンチンなどの成分が含まれているサプリメントは、優れた抗酸化作用があるため、老眼予防に役立てられます。パソコンやスマートフォンを日常的に使用している人は、20代や30代の若い人にも老眼の症状が見られることもあります。

Copyright© 2018 老眼かもしれない!気になる症状とは【うまくピントが合わなくなる】 All Rights Reserved.