老眼かもしれない!気になる症状とは【うまくピントが合わなくなる】

眼精疲労が気になりだした

夫婦

40代半ばは要注意

最近、小さな文字が読みづらくなったので読書をしなくなったという人は、もしかすると老眼の症状が出てきたのかもしれません。多くの人は40代半ばから症状が出始めます。今は大丈夫だとしても、老眼は加齢とともに誰にでも起こる症状で病気ではありません。目にはレンズの働きをする水晶体と、水晶体の厚さと光の屈折を調整する毛様体筋があります。近くを見るときには、この毛様体筋が収縮し、水晶体が厚くなることでピントを合わせられ、はっきりと見ることができます。しかし、老眼になるとこの毛様体筋の筋力と水晶体の弾力性が失われ調節が難しくなります。この為、ピントが合わず見づらくなるので、小さな文字が読みづらくなり目を細めたり、30cm以上も離して読もうとしたりしてしまいます。このような症状からあれば、老眼の可能性があります。老眼の症状を感じたら、目に負担をかけないようにします。まずは、目が疲れたと感じたら目を休めることです。1時間見続ければ10〜15分程度の休憩を取ります。また、市販の目薬を使うのも有効です。ビタミンEやネオスチグミンメチル硫酸塩配合の目薬は調節機能や血行の改善が期待できます。この他にも老眼鏡やコンタクトの使用も目に負担をかけない方法です。老眼鏡を使用すると症状が進行すると心配する人がいますが、そのようなことはありません。ストレスを感じながら目に負担をかけるのであれば老眼鏡の使用を検討します。しかし、老眼鏡を使用することに抵抗や面倒に感じる人も多くいます。そのような場合は遠近両用コンタクトレンズの使用という方法があります。加齢とともに目も衰えてくるので、その症状は老眼ではなく別の病気の可能性もあります。無理をせずにまず、眼科医に相談すると良いです。

Copyright© 2018 老眼かもしれない!気になる症状とは【うまくピントが合わなくなる】 All Rights Reserved.